サイト内検索

三丁目の夕日 夕焼けの詩 45

働き手の夫が病気で床に臥し、貧しい生活を送る一家。粗末な食事を嘆く子供たちに対し、母・里子は夕食にごちそうを作ることを安請け合いしてしまう。そうはいってもお金がない里子は、夫の最後の背広を持って質屋へ。その質屋で、里子の目に一枚の肖像画が飛び込んでくる…(第1話/一枚の油絵)。▼小学生の美加は、とにかく好き嫌いの多い女の子。おかげで常に栄養失調気味で、体も弱かった。そんな娘の偏食を直そうと、両親は小学校の先生に、給食を残さないよう指導してもらったが、嫌いなものを無理やり食べた美加は気分を悪くしてしまう。そんな美加もやがて中学生となり…(第2話/偏食)。 ●その他のDATA/昭和30年代風物詩〜 質屋(第1話)、赤チン・ヨーチン(第9話)、火鉢(第17話)。
価格
540円
[参考価格] 紙書籍545円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
5台
電子書籍販売日
2015/05/29 09:50
紙書籍販売日
2001/04/30
ページ数
213ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
48.70MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~10巻セット 10巻分 5,400円 今すぐ購入
11~20巻セット 10巻分 5,400円 今すぐ購入
21~30巻セット 10巻分 5,400円 今すぐ購入
31~40巻セット 10巻分 5,400円 今すぐ購入
41~50巻セット 10巻分 5,400円 今すぐ購入
51~60巻セット 10巻分 5,400円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル