サイト内検索

  • 完結

なのに、ボクはイヤといえない 2

親の転勤の都合で、従姉の仁菜子の家に同居することになった中学生の玲。その玲に、仁菜子は奇妙なお願いをする。それは「二人きりのときは女装をしてほしい」というものだった。「恥ずかしくて、絶対できない」と思いつつ、内気で「イヤ」と言えない玲は、仁菜子の言いなりのまま、女装だけでなく、さらにエスカレートした変態プレイに足を踏み入れていく。そんな二人の「秘密」を知った同級生の双葉は、玲を仁菜子から救おうとするが、意のままにならない玲に逆ギレ、また仁菜子へのライバル心から、玲をサディスティックに責めまくる。けれども、玲は双葉にも「イヤ」と言えず……。
価格
540円
[参考価格] 紙書籍596円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
5台
電子書籍販売日
2015/07/24 09:50
紙書籍販売日
2014/08/17
ページ数
188ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
41.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。