サイト内検索

虫屋の落とし文

作家/出演者
シリーズ
  • 虫屋の落とし文
昆虫マニアの仏文学者が綴る辛口博物学随想

大空のアホウドリを見てボードレールを口ずさみ、鼈甲の笄に熱帯の海の夕焼けを思う。フランス文学者であり、ファーブル昆虫記の翻訳家として名高い、奥本大三郎氏が自然界の神秘的な色や形を綴った随想集である。深い生物への造詣と冴えたエスプリで人と自然を語る、異色の博物誌。サライ連載の『天然色見本』とガリバー連載の『旅の博物学』に加筆してまとめた47編を収録。

目次

天然見本色見本
嫌がらせの色
危険印のユニフォーム
ピカ・ピカ/カツオの皮
黄金の人(オーレリアン)
透明も色のうち
ほか

旅の博物学
ゴライアスの涙
大空の美しきもの
青春の蘇跌
海の向こうのカワカマス
砂漠からの大旅行団
ほか
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
5台
電子書籍販売日
2016/06/03 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.18MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家