サイト内検索

ラ・のべつまくなし 3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ

俺は、ラノベを書いていていいのだろうか?

椎名明日葉(しいな・あすは)に誘われて訪れた、史上初のAR(拡張現実)イベント『てりぶりミュージカル』。それは、ライトノベル作家として活躍する矢文学(やぶみ・まなぶ/通称・ブンガク)に、様々な感慨をもたらした。二次元とも三次元ともつかない映像効果、舞台演出。俳優の発する台詞のたびに巻きおこる、乙女たちの張り裂けんばかりの嬌声。そして、胸の奥にくすぶる、言い表せぬ不快感――。それは、明日葉が夢中な俳優への嫉妬であり、腐女子である彼女とともに盛り上がれない疎外感だった。

そんな折、シリーズ最新作の不調に担当編集者の変更が重なり、学は突如、ラノベ作家としての岐路に立たされる。同レーベルで活躍する作家陣との飲み会でも、自身の居場所に不安を抱き、頼みの親友・圭介(けいすけ)は超多忙、明日葉も学校が始まり連絡が取れない。進まない原稿から逃避し、ノベッターをチェックしていた学は、そこにほかの文芸出版社からの執筆依頼を目にして……。

カタブツの祖母と、ブンガクを二次元アレルギーにした張本人、腐女子の姉も登場して大混乱!? 矢文学の選択は、はたして――!?

ラノベ作家と腐女子の純愛系ラブコメディ、ついに完結!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
価格
648円
[参考価格] 紙書籍648円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
5台
電子書籍販売日
2016/07/08 00:00
紙書籍販売日
2010/07/16
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
5.25MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~3件目 / 3件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ