サイト内検索

B+ LABEL 壬生狼伝 2

かの池田屋事件当日。見習い隊士の朔次郎は、身体を重ねたばかりの沖田総司が修羅場へ向かうことを心配するが…。

幕府方武闘集団・新撰組は、京に多数の尊壤討幕派浪士が潜入しているという情報を掴み、捕縛した大物・古高俊太郎の隠れ家にあった書状から、親幕派の朝彦親王邸焼き討ち計画を知る。 一刻の猶予もなかった。監察方を走らせた結果、敵方の集結場所は四国屋と池田屋らしい。隊は二手に分かれ、沖田総司は近藤勇局長らとともに池田屋に突っ込み、血煙しぶく修羅場に! だが沖田の身体に異変が!? 屯所で留守番の隊士見習い・帯刀朔次郎は、出動の直前に想いを確かめ合った沖田の身を案じ共に闘えぬことを悔しがるが…その後目にした現実は…。 大好評『壬生狼伝』の強力第二弾!!

※この作品は、パレット文庫として配信された作品と同じ内容のものです。
サイズの大きいイラストに入れ替えて作成しております。
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
5台
電子書籍販売日
2016/08/12 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
12.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~3件目 / 3件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ