サイト内検索

手塚治虫エッセイ集 4

作家/出演者
シリーズ
現代科学の行く末、超特急、宇宙開発に月面着陸、さらには万国博や産業用ロボットにいたるまで、手塚治虫がぐるりと世界を見まわし、現代社会の進み行く先を見つめたエッセイが収められてしまいます。アトムを生み出した男であり、同時に医学博士でもある彼がバイオテクノロジーをはじめとする科学の暴走に対して大いなる危機感を持っていたことが非常によく伝わってくるエッセイがおさめられています。『ちいさな地球の上で』と題されたシリーズ・エッセイは破滅への道をひた走る現代科学に対する警鐘といえるでしょう。また同時収録されている『ぼくの旅日記』という紀行エッセイは手塚治虫が旅先で見つめているのはいつも風景や珍味だけではなく「人間と地球とのかかわり方」であり、「人間というものの営み」だったのだと教えられます。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/06/01 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
242ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
54.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 1,620円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル