サイト内検索

手塚治虫エッセイ集 5

作家/出演者
シリーズ
映画について、舞台について、そして音楽について綴られたエッセイが集められています。彼は子どものときから映画やお芝居や音楽をシャワーのように浴びながら、そのイメージを咀嚼し、そしてあの膨大な作品群を生み出してきました。 『猿の惑星』を傑作と絶賛し、自分ならこんな続編を作ると手塚流『猿の惑星』シリーズを展開する一文など、マンガファンにも映画ファンにもたいへん面白い読み物といえるでしょう。ほかにもスピルバーグの『未知との遭遇』と『火の鳥』のテーマの共通性を論じた一文など、若い映画評論家(映画ライターとも言うらしい)が読めば、いろいろと勉強になるんじゃないでしょうか。またモーツァルトやブラームスについて綴った文章などは、クラシックは高級過ぎてとっつきにくいと感じている若い世代にとって、いい入門書代わりになるかもしれません。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/06/01 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
229ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
53.80MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 1,620円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル