サイト内検索

手塚治虫エッセイ集 8

作家/出演者
シリーズ
ここには映画ファンという立場ではなく、映画をクリエイトする立場(つまりは同業者)の目から見た映画エッセイがまとめられています。アニメーション作家という立場でルーカスについて、スピルバーグや黒沢明について、あるいはウッディ・アレンについての文章が綴られています。「アニメ家族の断絶」と題された一文では、同じアニメなのにTVアニメや実験アニメ、コンピュータ・アニメに携わる人たちが互いに相手を無視している、ということを嘆いています。TVアニメは実験アニメを独りよがりだと攻撃し、実験アニメはTVアニメを低俗だと馬鹿にしている、という実情を前にして、同じアニメという文化に携わっているのに、どうして互いが互いを理解し合えないのか、と。日本におけるアニメーション作家の代表として、またTVアニメにも実験アニメにも同じ情熱で取り組んできたものとして、手塚治虫は真剣に日本のアニメーションの現状を改善したいと願い、アニメーションの未来に思いをはせていたのですね。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/06/01 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
282ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
63.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 1,620円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル