サイト内検索

  • 完結

はじらい曼陀羅

作家/出演者
シリーズ
  • はじらい曼陀羅
衣擦れの音とともに、藩主の正室の白い肌がみるみる露わになった。十七歳の若き藩医である結城玄馬は、その透けるような裸身に息を呑んだ。だが、これは健康状態を知るための大切な見立て(診断)なのだ。そう言い聞かせ心の臓に耳を当てると、玄馬はいきなりその胸に抱きすくめられた……。もはや打ち首覚悟で、玄馬は奥方のたわわな胸乳(むなぢ)に指を這わせていった……。危険で甘美な悦楽の極致に身を任す、睦月時代官能の興奮作!
価格
486円
[参考価格] 紙書籍576円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/09/06 10:00
紙書籍販売日
2006/06/30
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.79MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家