サイト内検索

  • 完結

魔性ホテル

作家/出演者
シリーズ
  • 魔性ホテル
「まだ‘燭台’のようなことをやってるのか」同級生が声をかけてきた。燭台とは,ホテルマンという職業を揶揄する言葉だ。そして宿泊のたびに社会的地位の違いを見せつけ,ついには自分の恋人を連れ込む始末…。殺意を燃やす男が編み出した完全犯罪とは?ホテル内部を知悉する著者ならではの自選ホテル・ミステリー5作。
価格
486円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/09/06 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.08MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家