サイト内検索

  • 完結

奥深きルアー復刻 アメリカンルアー・コレクション入門

作家/出演者
シリーズ
  • 奥深きルアー復刻 アメリカンルアー・コレクション入門
30年にわたって、1890年〜1930年代のアメリカン・ルアーをハンドメイドし、2000個を復刻。

その経験をもとに、ルアーを復刻した者にしか分からない名作ルアーの特色やデリケートな違い、製作者の創意工夫を解説。
また、単なるアメリカの文献の翻訳に留まらず、名作ルアーを生んだ時代背景や文化的側面もお伝えしています。

また、写真ではわかりづらい特徴をイラストで伝えていますので、アーリーアメリカンルアーの特徴をよりよく知っていただけます。


【目次】
アメリカン・ルアーの魅力・歴史
1、アメリカン・ルアーの歴史
1)1890年以前 英国から輸入した金属スピナーが主力だった時代
2)黎明期(1900〜1904年)
3)黄金期(1905年〜1930年代)
4)衰退期(1930年代後半〜)
2、名作ルアーを生み出した時代背景

ルアーの分類、重要部品:クラシック・ルアーの操作法
1、ルアーの分類
2、形状や機能による分類
3、分解・組み立てできるルアー
4、興味が尽きないプロペラのデザイン
5、「フックハンガー」の改良
6、クラシック・ウッド・ルアーの操作法

【購入者特典】
アーリーアメリカン・ルアー年表(メーカー別)PDF付


【著者プロフィール】
松下文洋
日本長期信用銀行グループの日本ランデイック、ソフト化経済センター「新時代の都市計画」主査、立教大学大学院・法政大学講師を経て、(株)アプレイザル代表取締役。不動産鑑定・不動産投資顧問業(大臣16号)を営みながら、ケンブリッジ大学と共同してMEPLAN(ミープラン) 交通都市総合分析システムの開発・応用研究に注力。

著書に『社会資本投資の費用・効果分析法』(共著)、『よくわかる不動産・不良債権・PFIの投資分析』(以上は東洋経済新報社)、講談社 現代新書『道路の経済学、副題:アクアラインは800円でよい』
価格
1,080円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
10pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/07/20 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
48.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家