サイト内検索

ドイツ腕時計 No.3

3号目となる今回、大特集のテーマは「ドイツデザインを考える」です。日本人にも評価が高いドイツ製品。それは、製品に対する高い信頼性はもちろんですが、それに加え、シンプルで洗練されたデザインもドイツプロダクトの魅力を語るうえで、ぜったいに外せない重要なテーマです。そこで特集では、ドイツ腕時計の魅力を探るにあたり、ドイツデザインの真髄とは何かを探るべく世界文化遺産であるバウハウス・デッサウやベルリンのバウハウス・ミュージアムを取材。Chapter 1「機能主義デザインの真髄を探る」では、歴史的な背景やプロダクトデザイナーに焦点を当ててドイツデザインを考察します。Chapter 2「ウオッチデザインの現在形」では、バウハウスから生まれた機能主義というデザイン理念が時計のデザインにどう影響を与えたのかを探ります。全42ページと見ごたえ読みごたえともに十分な内容です。
また、アドルフ・ランゲの生誕200年を記念した「新旧A.ランゲ&ゾーネ時計製作哲学」は、いまやドイツ時計産業の一大中心地となったザクセン州の山あいの小さな街、グラスヒュッテ。1845年、その地に時計産業を興したアドルフ・ランゲとはどのような人物で、彼が遺したグラスヒュッテ流時計づくりの哲学とはどのようなものだったのかを紹介。日本におけるアドルフ・ランゲについての記述としては最も深い内容に仕上がっています。これら以外にも、2015年新作をピックアップした巻頭企画「注目の新鋭たち」や今年日本初上陸した「モリッツ・グロスマン」の特集。恒例の日本で買える37銘柄「ドイツウオッチ ブランド名鑑」など、注目記事が満載です。
価格
842円
[参考価格] 紙書籍1,296円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/15 00:00
紙書籍販売日
2015/08/29
ページ数
148ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
61.60MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家