サイト内検索

ドイツ腕時計 No.2

2014年8月に刊行したドイツ時計の専門誌第2号です。前号第1号(2013年8月刊行)は、ドイツのグラスヒュッテとシュヴァルツヴァルト地方の二つの地域に興った時計産業の歴史と中心的なメーカーのいまを紹介したのに対して、今号では、これらの東西二つの地域を別の角度からさらに掘り下げます。
ボーランド王国さえも支配する、ヨーロッパ屈指の大国であったザクセン、この地で1845年にアドルフ・ランゲが興したグラスヒュッテ時計産業。その歴史的背景を探るため16〜18世紀まで遡って調べました。そして今回はドレスデンのツヴェンガー宮殿にある国立美術館ドレスデンを実際に取材。ザクセン流時計づくりの源流に迫ります。
一方のシュヴァルツヴァルト地方は、時計愛好家の方ならご存じの、かつてドイツ時計産業の西の要衝として栄え、多くのムーヴメントメーカーやサプライヤーが存在した‘フォルツハイム’を訪問。時計産業の歴史をひも解きつつ、実際にケース、文字盤、ブレスレットなどのサプライヤーを取材。モノ作りの現場取材を通して高い品質の理由を探りました。
これら以外にも、最新作をクローズアップした巻頭企画「注目の新鋭たち」やドイツの時計産業と戦争をテーマにした「ドイツ軍用時計のDNA」など、他ではほとんど紹介されていない興味深い内容が満載です。
価格
842円
[参考価格] 紙書籍1,250円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/05/30 00:00
紙書籍販売日
2014/08/29
ページ数
148ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
63.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家