サイト内検索

  • 完結

戦略読書日記

作家/出演者
シリーズ
  • 戦略読書日記
本質を抉りだす思考のセンス!
『ストーリーとしての競争戦略』の原点がここにある。

──そもそも本書は普通の意味での「書評書」ではない。
書評という形式に仮託して、経営や戦略について
僕が大切だと考えることを全力全開で主張するという内容になっている。
ものごとの本質を抉り出すような本、僕の思考に大きな影響を与えた本を厳選し、
それらとの対話を通じて僕が受けた衝撃や知的興奮、発見や洞察を
読者の方々にお伝えしたい。
僕の個人的なセンスなり趣味嗜好に引きずられた話なので、
好みや体質に合わない方もいるだろう。
その辺、ご満足いただけるかどうかはお約束しかねる。
しかし、本書を読んでも「すぐに役立つビジネス・スキル」が
身につかないということだけはあらかじめお約束しておきたい。(「まえがき」より)

『日本永代蔵』『最終戦争論』『一勝九敗』『プロフェッショナルマネージャー』
『クアトロ・ラガッツィ』『生産システムの進化論』『日本の喜劇人』……。
読んでは考え、考えては読む。
本との対話に明け暮れた挙句の果てに立ち上る、極私的普遍の世界。
楠木建の思考のセンスとスタイルが凝縮された1冊。

特別付録・ロングインタビュー「僕の読書スタイル」、
付録・「読書録」付き。
価格
2,160円
[参考価格] 紙書籍2,592円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
21pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/15 00:00
紙書籍販売日
2013/07/11
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.55MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家