サイト内検索

田舎のキャバクラ店長が息子を東大に入れた。

作家/出演者
シリーズ
  • 田舎のキャバクラ店長が息子を東大に入れた。
勉強法ではなく、人の育て方が見えてくる
底辺のストーリー。

著者は、地方にあるキャバクラの店長。
妻も水商売。年収300万円で、お金も学歴もない。
小学生のころ、父親が家を出て、
中学生になると母親も蒸発。
両親に棄てられた、裏切られたという思いの中で
大人になる。そのつらい経験と
1000人を超えるキャバクラ嬢との出会いのなかで
「裏切らない子育て」を実践。
息子は、学校の勉強だけで
東大文科一類に現役合格を果たす。

【著者紹介】
碇 策行(いかり・かずゆき)
1968年、極東の僻地・茨城県潮来市生まれ。父親が経営するキャバクラのマスター。
高校卒業後、飲食店勤務。その後24歳で独立も好奇心が仇となり10年後には借金苦。
小学生の頃、父親が家を出て、中学生になると母親も蒸発。両親に裏切られたという思いの中で思春期を過ごす。
そのつらい経験から『子供を裏切らない』子育てを実践。
キャバ嬢との関わりと自分の育ちにもとづいた子育てで、息子が現役で東京大学へ。
座右の銘は『人間万事塞翁が馬』。
価格
1,404円
[参考価格] 紙書籍1,404円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
14pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/04/18 00:00
紙書籍販売日
2016/03/29
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.21MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家