サイト内検索

イングランド銀行の金融政策

作家/出演者
シリーズ
  • イングランド銀行の金融政策
3世紀を超える歴史のなか、初めて迎えた
外国人総裁マーク・カーニー氏のもと、
イングランド銀行の政策運営はどう変わる!?

◆マネーサプライ・ターゲティングと為替ターゲティングの失敗を経て導入されたインフレーション・ターゲティングや、中央銀行の独立性、1997年の銀行監督権限喪失(金融サービス機構=FSA体制)を考察。
◆2006年5月に採用した新金融調節方式(完全後積み方式の準備預金制度)につき、近年の非伝統的・非正統的な金融政策・調節と対比しつつ、その重要性と特異性、とりわけ量的緩和が不可能な制度設計を検証。
◆2007年のノーザンロック危機によって危機モードに突入後、2009年から導入した量的緩和政策について、日本銀行の金融政策と比較しながら概要・理由・効果・課題を詳説。
◆金融危機後の金融規制体系変更(FSA体制の解体)とBOEの機能強化、量的緩和政策の弊害(マネタイゼーション)や出口政策の方向性など、カーニー体制下の政策運営を概観し、今後を大胆に予想する。

金融論のサブテキスト、ビジネスパーソンのための教養書「世界の中央銀行」シリーズ第1弾!
価格
1,798円
[参考価格] 紙書籍1,998円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
17pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/15 00:00
紙書籍販売日
2014/05/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.74MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家