サイト内検索

エディー・ジョーンズの監督学

作家/出演者
シリーズ
  • エディー・ジョーンズの監督学
「JAPAN WAY」 2012年、ラグビー日本代表監督に就任したエディー・ジョーンズが掲げたチームのスローガン。2011年のワールドカップで0勝3敗1分のふがいない成績に終わった日本代表。その再建請負人に指名されたのがエディーだ。自身はオーストラリア代表歴こそないものの、シドニーの名門クラブ・ランドウィック、NSW州代表などで、オールブラックスを含めNZの強豪チームと何度も対戦。工夫をこらしたラグビーで個々の能力に勝るNZ勢に挑んだ経験は、後にACTブランビーズ監督としてスーパー12優勝、オーストラリア代表監督としてトライネーションズ優勝、ワールドカップ準優勝、南アフリカ助監督としてワールドカップ優勝など輝かしい実績に結実した。エディー氏は日本と深いつながりを持っている。日系米国人の母を持ち、妻も日本人。シドニーで高校教師を勤めた後、初めてプロのラグビーコーチとなったのが1996年、日本の東海大学。その年は、元豪州代表のグレン・エラとともに、日本代表のアシスタントコーチも務め、外国人選手抜きという大会規定で行われた初めてのアジア選手権に圧勝を収めた。日本代表、東海大学との契約を終えたあとも、サントリーのアドバイザーとして、継続的に日本ラグビーを注視。2009年にはサントリーのGMに就任。2010年には、2年続けて無冠に終わった清宮前監督の退任を受け、GM兼監督に就任すると、1年目で日本選手権優勝という結果を出した。その間、何度も日本代表の監督候補として名前が挙がりながら、なかなか実現しなかった、いわば日本ラグビー界の‘長年の恋人’。待望の日本代表監督就任だった。2019年のワールドカップ日本開催に向け、人気と戦力の両面で回復が急務の日本ラグビー界だが、世界屈指の指揮官…
価格
1,080円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
10pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/29 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.12MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家