サイト内検索

東京が震えた日 二・二六事件、東京大空襲―昭和史の大河を往く〈第4集〉

作家/出演者
シリーズ
動乱の時代を告げる一発の銃声、終幕に降り注ぐ数千トンの焼夷弾。
かたちを変え現在も残る「歴史の現場」に立ち、事件の背景・本質に迫る迫真のドキュメント。

<目次>
帝都を震撼させた二・二六事件
高橋是清惨殺の「現場」を目にして
二・二六事件は‘義挙’ではなく‘派閥抗争’に過ぎない
終始、鎮圧を主張した石原莞爾の動き
昭和天皇と‘股肱の臣’鈴木貫太郎夫妻の紐帯
決起青年将校の巻きぞえになった下級兵士の苦悩
秩父宮は二・二六事件の黒幕に非ず
東京に戒厳令が布かれた日
‘皇軍相撃’寸前、新統制派の暗躍
決起部隊を一転、鎮圧軍に──近衛師団の不可解な動き
処刑前の将校たち──安藤輝三は「秩父宮殿下萬歳」と叫んだのか
決起将校は銃殺され、参加兵士は生きて帰れぬ戦場へ
天誅名簿に名が記されていない男──東條英機
吉田松陰とともに回向院に眠る磯部浅一
二・二六事件とは何だったのか

東京が目撃した昭和という時代
浅沼稲次郎刺殺事件──交錯する二人の視線
シンガポール陥落、熱狂した日本人──誤解された山下奉文
‘熱狂’から‘追悼’へ──日比谷公会堂での戦没者追悼式
日比谷公園を設計した男──本多静六の人生
日比谷松本楼と孫文──中国革命を支援した日本人たち
反政府運動の現場となった日比谷公園
東京空襲の被害を想定していなかった軍事指導者
東京大空襲、あの戦争が人災であることを忘れるな
東京大空襲の総指揮官に、勲章を授与した日本政府
東京大空襲後、終戦の道を模索し始めた昭和天皇
原爆投下は「しょうがない」のか。史実を踏まえぬ久間発言
民間が運営する空襲を伝える施設を目にして
東京大空襲後も本土決戦を呼号した指導者の感性

あとがきに代えて──歴史に刻まれた‘東京が震えた日’
価格
864円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/15 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
34.70MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 4,320円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 4,320円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル