サイト内検索

日本経済総予測2016

作家/出演者
シリーズ
  • 日本経済総予測2016
GDPプラス成長予測の2016年の日本経済。さらなる成長のためには、アニマルスピリットによる市場開拓が欠かせない。米利上げ、中国減速、原油安など重要論点を分析しました。
本書は週刊エコノミスト2015年12月22日号で掲載された特集「日本経済総予測2016」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次:
はじめに
マクロ編
・16年はGDPプラス成長 アニマルスピリットで市場開拓
・企業家インタビュー
志賀俊之・経済同友会副代表幹事/産業革新機構会長
吉永泰之・富士重工業社長
崔元根・ダブル・スコープ社長
・企業家精神と経済成長 アニマルスピリットを取り戻せ
・経済成長 2020年へ勝負の年
・米利上げ 緩いペースで影響最小限
・金融政策 日銀最後の追加緩和
・中国減速 構造改革リスクに注意
・原油安 交易条件改善で景気底上げ
・設備投資 企業の投資意欲増やせ
・法人減税 経済の高収益化に疑問
・M&A 人材育成不足の特効薬
・社会保障 医療・介護の公的給付見直しが急務
・為替政策 円高恐怖症を克服する時
・財政再建 決算主義で歳出抑制徹底
マーケット編
・株価
2万3000円を目指す展開も
デフレからインフレへ
改革なければ1万6000円も
銘柄
自動運転・ロボット・人工知能 第4次産業革命で市場が急拡大
バイオ・製薬 17年以降の飛躍が相場を支える
インバウンド 空運や小売りの業績押し上げ
東京五輪・再開発 道路や鉄道、超高層ビルの建設で恩恵
・為替
16年末には110円も視界に
日米利害は円高・ドル安で一致
利上げペース意識し、一時130円も
・長期金利
「正常化」進み1・1%へ
歴史的低水準で推移
低金利継続、0・1%割れの可能性も

【執筆者】
中川美帆、大堀達也、荒木宏香、吉川洋、
熊野英生、鈴木敏之、白川浩道、坂本貴志、
鹿野達史、西岡純子、森信茂樹、宮川努、
薮内哲、斎藤満、星野卓也、小林真一郎、
神山直樹、丸山俊、西川裕康、和島英樹
佐藤勝己、溝口陽子、内田稔、唐鎌大輔
永井靖敏、松沢中、六車治美、大崎秀一
週刊エコノミスト編集部
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/29 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
20.80MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家