サイト内検索

アメリカ大失速

作家/出演者
シリーズ
  • アメリカ大失速
米国経済の行方は全世界に影響を及ぼす。それだけに目が離せない。米国は2015年12月に利上げを行ったが、次はいつ利上げを行えるのか、それとも当分の間は行えないのか。消費動向はどうか。エネルギー価格の下落はどのような影響を及ぼすのか。トランプ旋風吹き荒れる大統領選の行方も気になる。さまざまな角度から米国経済の実態を検証した。
本書は週刊エコノミスト2016年3月8日号で掲載された特集「アメリカ大失速」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次:
はじめに
Part1 経済・金融の綻び
・危うさを増す米国経済 利上げ・原油安で景気後退も
・景気後退はあるか 現地で深まるリセッション議論
・ニューヨークで聞いた米国経済の行方
・FRBの悩み 難しい「ほどよい利上げ」判断
・アンケート FRBは今年、何回利上げできるのか?
・企業業績 業績悪化は明らか 製造業、グローバル企業に打撃
・個人消費 消費減速、すでにピークアウトの動き
・不穏な金融市場 ハイイールド債に大きなリスク
・激変する住宅事情 若年層は貧困化で持ち家率低下
・自動車ローン サブプライム層のローン急増
・逆風のエネルギー業界 中堅・中小の身売りや破綻が現実味
・シェール危機 国内で厳しい米企業が‘脱米国’に活路
・日本への影響
米国で稼ぐ日本企業は? 1位は船井電機、2位がスバル
米国系投信は大丈夫? エネルギー関連、ハイイールド債
Part2 政治・社会の変容
・大統領選に見る米国の格差拡大 2大政党にも再編の兆候
・大統領選の情勢 トランプ台頭は反職業政治家感情
・外交・安全保障 イラク戦争失敗で内向き志向

【執筆者】
谷口健、石原哲夫、土屋貴裕、藤代宏一
鈴木裕明、福田圭亮、安田一隆、趙玉亮、
津賀田真紀子、吉川涼太、藤原裕之、壁谷洋和、
在原次郎、伊藤桂一、篠田尚子、西川賢、
渡辺将人、渡部恒雄、週刊エコノミスト編集部
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/06/21 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
19.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家