サイト内検索

人工知能AIの破壊と創造

作家/出演者
シリーズ
  • 人工知能AIの破壊と創造
人工知能(AI)が革命的な進化を遂げた。ディープラーニング(深層学習)という革新技術によって、コンピューター自らが周囲の状況を認識できるようになり、さまざまなブレークスルルーをもたらした。ビジネスの現場では、AIによる破壊と創造がすでに始まっている。
本書は週刊エコノミスト2016年5月17日号で掲載された特集「AIの破壊と創造」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次:
はじめに
・深層学習で激変するビジネス「AI大国」へ正念場の日本
・インタビュー 松尾 豊「日本はモノづくり系AIで勝負すべき」
・人工知能(AI)に強い注目の上場企業35社
・デジタル時代に求められる最高デジタル責任者(CDO)
・Q&Aでわかる!AIとIoTの基礎
・センサーとクラウドの進化で機熟す 傍観すれば世界から取り残される
・事例編 金融、医療からロケットまで!AI活用の最前線
・囲碁 深層学習でプロの「直感」獲得
・景気判断 政府・日銀の景況感を指数化
・フィンテック AIが迫る金融サービス革命
・宇宙 AIが点検する宇宙ロケット
・物流 倉庫の荷物取り出しを効率化
・ファッション あなたの「専属スタイリスト」
・対話 女子高生りんなとお友達に
・医療 多様なデータから疾患確率導く
・サイバー攻撃 AIの「知能指数」の測定が必要
・グーグルが撤退なら自動運転ブーム沈静化


【執筆者】
大堀達也、池田正史、比屋根一雄、
松田遼、尾木蔵人、伊藤毅志、
水門善之、山本裕樹、鈴木雅光、
横山渉、山崎文明、桃田健史、
週刊エコノミスト編集部
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/09/15 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
13.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家