サイト内検索

馬祖の語録 禅文化研究所刊

作家/出演者
シリーズ
  • 馬祖の語録 禅文化研究所刊
馬祖道一は湖南の石頭希遷と共に禅界の双璧と称され、その「平常心是道」「即
心是仏」の禅風は、百丈、黄檗、そして臨済に継承され、後世の禅者に多大な影
響を与えた。しかし馬祖の語録は、彼の禅思想史上に残した偉大な足跡から見れ
ば、他の禅僧ほどには研究がなされているとはいいがたく、また宗門においても
あまり読まれることがなかった。本書は、この未踏ともいえる「馬祖の語録」の
研究に多年にわたる労を続けてきた、斯界の権威である入矢義高教授を中心とし
た、禅文化研究所中国禅録研究班の研究成果の大成である。研究者・禅宗僧侶必
読の書であり、「馬祖語録」の底本ともいえる決定版である。
内容:原文、読み下し、口語訳、注釈、解説。
初版昭和59年6月30日の本書は長らく絶版品切となっていたが、このたび、
電子書籍として復刻した。
底本発行:公益財団法人禅文化研究所(〒604-8456 京都市中京区西ノ京壷ノ内
町8-1 花園大学内/TEL 075-811-5189/FAX 075-811-1432/
http://www.zenbunka.or.jp)
価格
3,780円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
37pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/15 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
271ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
38.40MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家