サイト内検索

女帝花舞13

戦争を止めたのは、明日香!京都ではまた明日香の評判があがった。猪郷の価値を認識した明日香は、自分の処女を買って貰う相手‘水揚げ’を猪郷に頼む決心をする。彩香にも会い、異存のないことを聞いた猪郷は、明日香の「衿かえ」支度一式を揃えてやった。覚悟を決めて、猪郷の座敷に入る明日香。しかし猪郷は明日香を抱かず、水揚げをしたことにして後見人にはなってやるが、処女は好きな男にあげなさいと諭す。猪郷の優しさに感動し、その膝にすがって泣く明日香。明日かは晴れて「衿かえ」し、舞妓を卒業して芸妓になった。
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/01/23 09:30
紙書籍販売日
----
ページ数
199ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
58.70MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 864円割引 通常価格 2,160円
1,296円
今すぐ購入
21~25巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
26~30巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
31~35巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル