サイト内検索

昭和バンカラ派8

夏休みで内灘海岸へ遊びに行ったバンカラ派一行。ところがナンパした女の子たちに強姦で訴えられ、アゴ六、疾風、涅槃の三人が警察に捕まってしまう。結局涅槃の女嫌いが決め手になり、冤罪であることが証明されたが、全ては石動の画策で、事件が新聞にデカデカと載ってしまい、バンカラ派の信用は失墜した。また大輝の新世紀同盟は、全国の番長組織を制圧しつつある。石動は裏と表、両方で日本を支配するつもりなのだ。台風の中、命の危険を冒して激流に飲まれた子供を救った南部は、バンカラ派の面目を保つが、災害が石動建設の無軌道な開発にあると告発した新聞があった。それは金沢民友新聞。嫌がらせをものともしない亀崎という正義感に満ちた記者がいた!
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/03/03 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
217ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
73.90MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
11~15巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル