サイト内検索

昭和バンカラ派13

南部は近藤との勝負を受けた。やはり叩きのめされてしまうが、近藤は南部の負傷を知り、この勝負を引き分けと宣言する。仲間を納得させる為に近藤は石動の策謀を証明して欲しいと言ったが、石動のスパイとして入り込んでいた後藤たちは、石動の手下に暗殺されてしまった。それを知った南部は、強姦事件をでっち上げた女の子たちも危ないと、病院を飛び出し東京に行くが、時すでに遅く、彼女らも事故死を装って殺されてしまう。金沢に戻った南部は、成巽閣の理事長・大河内と知り合うが、彼こそ元祖昭和バンカラ派を結成した人物だった。大河内は石動の手が伸びてきた、酔いどれ横丁から青雲寮の一帯を梁山泊として、石動たちと戦うことを宣言する!
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/03/03 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
213ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
70.40MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
11~15巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル

シリーズ作品   16巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。