サイト内検索

弔鐘はるかなり3

虎籐組の麻薬供給源が香港ルートであり、千葉の東神会と一竜会が手を組んで他のルートを統合し、香港ルートのボス・陳を狙っていることが判明する。厚生省の取締官・藤井が捕らわれていたのを、梶が助けた。また梶の張った罠に木島が掛かり、高崎も現れて、全てを語る。陳の本名は佐藤といい、道江の父親だった。吉村を惨殺したのは、陳の部下なのだ。道江を殺したのは、東神会だった。梶は拷問した木島に虎籐組にやられたと言わせて、抗争に火をつける。しかしなぜか、抗争は大きく広がらず、矛先は梶の方に向いてきた。
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/01/13 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
228ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
62.20MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

この作家の他の作品