サイト内検索

弔鐘はるかなり4

一竜会は治療した医師からの情報で、木島を拷問したのが梶だと知ったのだ。梶は彼等と通じている須藤を脅して、一竜会に手を引かせる。そして再び、一竜会と虎籐組が戦うよう仕向けた。抗争は拡大し、東神会も参入する。もう一つのルートの黒幕が、東神会のバックにいる桐島だった。明美の居場所を探り当て、取り返そうと向かう梶たち。しかしそれは替え玉で、明美は香港へ脱出していた。東神会会長が射殺されて、陳が重要参考人として捕まる。引退して香港に行き、明美と余生を送るつもりらしかった。
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/01/13 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
236ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
68.90MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

この作家の他の作品