サイト内検索

姫4

作家/出演者
シリーズ
最終巻。死闘の末ジゼルを葬った姫は、自らも背中に銃弾を受け、資材置き場で倒れてしまった。姫の意識の無い間、その体をめぐって多くの男が争奪戦を繰り広げる。最後に担ぎ込まれたのは、小さな田舎町・寿宮だった。寿宮では名士の工場長・唐沢が姫にヘロインを打ち、自由に弄ぶ。利権渦巻く町長選にからんで、唐沢の雇い主・嶋井と井手収入役、篠塚署長が現町長の今井を引き摺り下ろす謀議を重ねていた。
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/04/07 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
263ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
66.40MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。