サイト内検索

  • 完結

海猫亭へようこそ9

加賀を追うヤクザの蛭沼に、譲太郎がついて来ていた。涼二と羽純をコンサートに招待した凪子は、円城寺に逢いに海猫島に渡る。途中の列車で加賀に会うが、凪子は金を渡して二度と私の前に現れるなと釘を刺した。ラーメン屋の下働きをしている円城寺は、余命半年の身。見つかった加賀を庇った涼二が蛭沼に刺されようとした時、割って入って傷を負った。譲太郎は蛭沼をぶちのめし、警察に加賀と蛭沼は捕らえられる。死んだ円城寺に遺骨を、遺言どおりオホーツクの海に撒く涼二。料理評論家の鰐口の娘・薫子がやって来て、丁度酒造をやっている実家の父が倒れた羽純に代わって、店を手伝うことになった。羽純に想いを抱く杜氏の蔵人が、海猫島まで押しかけてくるが…。
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/09/04 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
203ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
40.30MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 10巻分 5,400円 今すぐ購入
1~5巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル