サイト内検索

太平記 4

尊氏・直義は後醍醐天皇の建武親政発足後、朝廷と絶縁。叛旗を翻したが、新田義貞・北畠顕家に敗北した。しかし光厳上皇の院宣を受ける事に成功し、九州の松浦党、竜造寺党の加勢を得て、奇跡的大逆転を果たす。再び大軍を率いて京へ!全国各地の内乱は、越前で尊良親王・義貞、堺で顕家が敗死し、追うように後醍醐天皇の崩御、正行も四条畷で玉砕した。その後、足利の内紛はあったが悲願の足利幕府は成立し、義満の代に南北朝は統一する。
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2010/02/08 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
220ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
81.30MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル

シリーズ作品   6巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。