サイト内検索

惨劇館 4

なぜか周囲の人間の首が切断され、消え失せてしまう佳代。佳代を危険人物だとして、射殺しようとする警察。だが佳代を信じた母は、首が切断される寸前で助かった。事件は佳代のせいではなく、悪霊の仕業だと警告する霊能者が現われるが、その言葉を無視した警察は佳代を狙撃してしまう。「第十四回 消える首」(完結編)以下「第十五回 童鬼」「第十六回 初恋」「第十七回 メモ」「第十八回 テレフォン2」「第十九回 人間爆弾」「第二十回 ケビンの惨劇3(誕生編)を収録。
読める期間で選ぶ
648円
216円
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2010/07/12 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
209ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
73.90MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 3,240円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 3,240円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル