サイト内検索

  • 完結

雀鬼がゆく 1

作家/出演者
シリーズ
札幌薄野のキャバレーで歌っている、ジャズシンガーの中原ケイ子。月に一・二回来ては歌をリクエストし、1万円のチップをくれる男・坂田五郎が、何となく気になっていた。一緒にラーメンを食べて、五郎が仕事場で上司とぶつかって辞め、麻雀で食べていることを知る。何か熱くなれるものが欲しいと愚痴る五郎は、麻雀名人・関根朝太郎と出会い、軽くあしらわれたことで、プロ雀士への情熱が芽生えた。同じくプロ歌手を目指すケイ子と、手を携えて東京に出る。アパートを借りてケイ子と同棲を始めた五郎は、スリの久三、中国人の王、関根を後一歩まで追い詰めたという高木、同級生でエリートの藤原などの強敵とまみえながら、次第に腕を上げていった。麻雀に青春を懸ける男の旅路が始まる…。収録作「北の国から」ほか「名人がいる」「雀ゴロの街」「凄いライバル」「名人の好敵手」「エリートを叩け」の全6話を収録。
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/04/23 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
217ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
66.60MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 6巻分 3,240円 今すぐ購入
1~5巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル

シリーズ作品   6巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。