サイト内検索

野望の群れ 21

稲山会後継問題が噴出。若手派が稲山の息子・裕政を、古参派が若頭の桑原を擁して対立する。桑原は射殺し、遼介を助けたのはニューヨークのチャイナマフィア・紅龍幇の碧霞だった。その後、遼介と肉体関係を持ち、好意を抱く碧霞。六本木の抗争が激化するなか、遼介が日本に帰ってきた。裕政は嫉妬から遼介に敵対し、全国制覇の野望を燃やしている。遼介は元稲山会古参派の長老達に会い、千葉博徒連合も味方に引き入れた。一方、九道連合の磯田が死に、別のパスポートで帰国していた遼介が、公文書偽造で逮捕された。徹は京極を撃ち、流産した麗子とともに東京に逃げるのだが……。
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/03/18 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
199ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
71.40MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
11~15巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
16~20巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
21~25巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル