サイト内検索

女帝花舞 4

祇園祭・山鉾巡行の日に、大翔組と菱和会が間に入って石田組と師岡組の話し合いが行われることになった。雪乃が石田に身をまかせて石田の野心を聞き出し、それを明日香が伊達たちに連絡する。石田は場を利用して、師岡共々伊達と大翔の命も奪うつもりでいたのだ。一方美佳は、処女を装って謙司に抱かれることに成功。名門の息子を手に入れたとほくそ笑む。当日、刺客を発見した明日香は、まだ明日香への恋慕を棄てられない謙司の呼びかけを制した。謙司を置いて刺客を追い、伊達たちを撃とうとする瞬間に突進して、その腕にしがみついた!
読める期間で選ぶ
432円
216円
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/11/04 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
200ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
68.20MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 864円割引 通常価格 2,160円
1,296円
今すぐ購入
21~25巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
26~30巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
31~35巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル