サイト内検索

女帝花舞 6

プロの『壊し屋』を雇う梨奈。明日香を強姦して、顔を潰せと命じた。康平が明日香の‘店だし’のプレゼントに簪をくれる。見習い座敷の帰りに襲われた明日香は、その簪で反撃。声を聞きつけた伊達が駆けつけて、事なきを得た。伊達たちは烏丸会の新会長・岡部等とともに、雪乃や明日香に礼を言うために『よし野』に来ていたのだ。『壊し屋』は、明日香の背後に菱和会がいることを知って、手を引いた。そして‘店だし’当日。明日香の姿をTVで観て、涙を流す彩香。美佳は萩美に改名。単独でお座敷をこなせることになった明日香は、征四郎の座敷に呼ばれたとき、彼の女癖の悪さを思い知らされた。
読める期間で選ぶ
432円
216円
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/11/04 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
200ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
70.60MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~5巻セット 5巻分 864円割引 通常価格 2,160円
1,296円
今すぐ購入
21~25巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
26~30巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入
31~35巻セット 5巻分 2,700円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル