サイト内検索

  • 完結

働き過ぎていませんか?――ワーク・ライフ・バランスの未来

作家/出演者
シリーズ
  • 働き過ぎていませんか?――ワーク・ライフ・バランスの未来
わたしたちは、長い長い老いの時間を、どう過ごしていけばよいのでしょうか? 出発点は、2025年の日本――ベビーブーム世代、いわゆる「団塊の世代」が揃って75歳以上を迎える時代を考えるところにあります。その頃、人口に占める65歳以上の割合は約30%、75歳以上は約18%(いずれも推計値)。あなたは想像ができますか? 日本の社会は人類の未体験ゾーンへ先陣を切って突入していこうとしています。
医療経済の専門家で、国立社会保障・人口問題研究所名誉所長・西村周三氏がホスト役として、作家をゲストにお迎えする対談シリーズ「Dr. ジレ!」の第六弾は30代、若手作家の注目株、新庄耕氏。
住まいを考えれば、日本の未来が見えてくる――大都市郊外でも空き家が急増し、かつてのニュータウンが疲弊する中で、若者たちは家について、真剣に頭を悩ませています。他方、認知症が急増する高齢者は終末期を老人ホームで過ごすのか、はたまた自宅か、介護する側は、何を望むのか。結婚して子供を産み、家族を成し、家を建て、といった「標準」が崩壊した今、働く価値、生きていく価値が揺らいでいます。今、考えるべき課題を真摯に語り合います。

〔目次〕より抜粋
第1章 住まいの将来像
『狭小邸宅』/持ち家政策と公共住宅/今、家は買い時か?/高齢者の終の棲み処/団塊ジュニアとゆとり世代/再開発とゴーストタウン
第2章 認知症と介護の明日
認知症の高齢者が急増する/親を介護する、ということ/病院以外の選択肢/ポスト成長社会
第3章 働き甲斐と生き甲斐と
会社で生き残る人/ブラック企業とは?/要求過剰な日本人/やめたくてもやめられない/社会に出て見えてきたこと/承認欲求が満たされない
エピローグ 理想的な最期
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/15 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.81MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家