サイト内検索

国債リスク 金利が上昇するとき

作家/出演者
シリーズ
  • 国債リスク 金利が上昇するとき
本書は、アベノミクスが日本国債の将来にどのような影響を与えるかを考察しています。
著者の大胆予測によると、「10〜20年後、国債暴落はおよそ3%の確率で起こる」。
こうした数値は、金融市場の専門家の間では「通常の確率分布では発生しないリスク」とみなされます。
ただし、アベノミクスによって、この「通常は発生しないリスク」の発生確率が、以前よりほんの少し上昇したのではないか、と著者は見ています。
なぜ、国債がこれまでとは違う局面を迎えたと考えているのか。本書は日本経済やグローバル経済の変化を基に、そのわけを探っていきます。

表面は平穏でも、徐々に変化が始まっている国債市場。
「国債に頼った運用を続けていていいのか?」――
金融機関や年金の運用担当者は、もしも価格下落が始まったら、その初期で売らなければ損失が拡大してしまいます。
国債市場の変調は住宅ローン金利の上昇や円安の進行など、日本経済全体にも大きな影響を及ぼします。
国債は、実は投資家のみならずすべての人々に関連が深いテーマなのです。
価格
1,382円
[参考価格] 紙書籍1,728円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
13pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/03/13 00:00
紙書籍販売日
2014/01/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.27MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

この作家の他の作品