サイト内検索

世界は危機を克服する

作家/出演者
シリーズ
  • 世界は危機を克服する
なぜ、大停滞から抜け出せないのか
世界の経済学者たちは何を議論してきたのか

1930年代の大恐慌から今日に至るまで、経済不況をめぐる論戦は、つねに「ケインズ主義対反ケインズ主義」の図式で争われてきた。21世紀の世界経済危機においても、反ケインズ主義陣営は「不況下の財政引き締め」を主張し、それに対してケインズ主義陣営は「超拡張的な金融政策とマイルドな財政政策のポリシー・ミックス」を主張してきた。日本の「アベノミクス」も後者の陣営に位置づけられる。本書は、大恐慌以来80年の経済論戦を展望し、世界の経済学者たちは何を議論してきたのか、世界経済はどこへ向かうのかを明らかにする。アベノミクスによって注目を集める「リフレ派」。野口旭教授はその代表的な論客の一人であり、本書は、野口教授の知的格闘を集大成した待望の書き下ろしである。
価格
3,110円
[参考価格] 紙書籍3,456円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
31pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/03/27 00:00
紙書籍販売日
2015/02/27
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
8.79MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家