サイト内検索

言壺

作家/出演者
シリーズ
  • 言壺
『私を生んだのは姉だった』小説家の解良(けら)は、万能著述支援用マシン‘ワーカム’から、言語空間を揺るがす文章の支援を拒否される。友人の古屋は、解良の文章が世界を崩壊させる危険性を指摘するが…・・「綺文」ほか、地上800階の階層社会で太古の‘小説’を夢見る家族の物語「没文」、個人が所有するポットで言葉を育てる世界を描いた「栽培文」など9篇の連作集にして、神林言語SFの極北。第16回日本SF大賞受賞作
価格
680円
[参考価格] 紙書籍907円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/30 00:00
紙書籍販売日
2011/06/10
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.19MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家