サイト内検索

静かな大地

作家/出演者
シリーズ
  • 静かな大地
この小説は池澤夏樹の母方の先祖の長大な物語である。明治初年、淡路島から北海道静内に入植した宗形家には両親とともに幼い三郎と志郎の兄弟がいた。植民者のふたりの息子は北海道で知り合ったアイヌの友人たちとともに成長し、牧場を開く。志郎の娘の由良が亡き伯父の三郎の一生を、さまざまに関わった人の記憶から呼び出し、歴史の記録を重ねあわせて物語を推進する。それはアイヌとともに辿った先祖を歴史的な事実を下敷きにして物語る池澤夏樹の視線でもある。その視線は当時と現在とを貫く鋭い矢である。
朝日新聞朝刊に2001年6月12日から2002年8月31日まで連載され、2003年に単行本として出版された。第3回親鸞賞受賞作。
価格
864円
[参考価格] 紙書籍1,080円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/04 00:00
紙書籍販売日
2007/06/30
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
3.48MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家