サイト内検索

高原のティー・タイム

作家/出演者
シリーズ
  • 高原のティー・タイム
小説においては、このような物語も可能なのか?
そうだ、むろん、十分に可能だ、とでもいうような一編。
最初と最後に、1つの視点がある。
その視点はフィクスで、テレビ画面を観ている。
紅茶のCMが表れる。秋の高原のティー・タイムだ。
CMが終わったら、番組が始まるだろう。
こちらはうってかわってにぎやかだ。うるさいほど。
番組の背後にあるアクションの積み重ねも、せわしない。
やがて、人によっては「惨劇」と呼びたくなる場面を映したあと
テレビは再び、高原のティー・タイムに戻る。
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/04 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.87MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家