サイト内検索

1963年、土曜日、午後

作家/出演者
シリーズ
  • 1963年、土曜日、午後
片岡義男の短編小説では、男女の出会いは路上で起きる。
それが再会、としての出会いであれば
しかも完璧に偶然のそれであれば、
物語はめまぐるしく時をかけめぐる。とりわけ、過去の方へ。
路上での、偶然の、実に17年ぶりの邂逅。
2人には、これもまた偶然に、通りかかった友人によって
あの日のスナップが残されていた。
それを所持しているのは女のほうだ。
しかし時はとまらない。男はオートバイ、女はマーキュリーで1人を生きる。
やがて、あたりを取り囲んだ濃い霧の向こうに去っていく。
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/04 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.92MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家