サイト内検索

月見草のテーマ

作家/出演者
シリーズ
  • 月見草のテーマ
残暑が徐々に後退し、夜の冷気が肌に心地良い9月半ば。
1台のオートバイが西から東へ、
もう1台のオートバイが東から西へ向かっている。
だからやがて、その2台は合流するはずだ。
2人が会う時、男が手を差し延べる。
1年前の秋の名月の日、初めての出会いの時はどしゃぶりで
その時に手を差し出したのは女のほうだった。
今では体を重ねあう関係にある2人も
路上ではライダーとして、唇よりも手が先だ。
そしてこのうえなく冴えた月が2人を照らし出す。
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/04 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.41MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家