サイト内検索

給料日

作家/出演者
シリーズ
  • 給料日
給料日のサラリーマン。懐には20万弱の金がある。
会社帰り、男は地下鉄丸ノ内線で新宿に出る。
ゲーム・センターで金を使い、パチンコで使い、
飲み屋を何軒もハシゴし、誘われるままに風俗店に行き、
一晩で彼はすべての給料を使ってしまう。
憂さを晴らしているわけでもないようだ。自暴自棄でもない。
金があり余っているわけでもない。病的でもないらしい。
男は金を払う。なぜなら金を持っているから。
新宿とはそういう街だから。
感情にも意味にも事件にも寄せず、新宿を描ききった稀有のハードボイルド小説。
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/04 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.62MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家