サイト内検索

パッシング・スルー

作家/出演者
シリーズ
  • パッシング・スルー
端的なタイトルがこの短編のすべてを表している。
通り過ぎること、それがすべて。
町を通り過ぎながら、見る。
徒歩や自転車やオートバイのように体を外気にさらさない
四角い個室のまま自動車で移動することで
見ることは純化される。
通り過ぎることでカメラ・アイになる。
そこに対向車が、ガス・ステーションが、林が、湖が、
広告の看板が、遊園地が、ビーチパラソルが、教会が映る。
主人公は、カメラではなく、人間であることを忘れないように(?)
時折、リンゴをかじる。
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/04 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.40MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家