サイト内検索

オートバイが走ってきた

作家/出演者
シリーズ
  • オートバイが走ってきた
ステーション・ワゴンではダメなのだ、やはりオートバイでなければ

まるで別々の2つの作品を接合したかのように
およそ途中までの展開からは想像もできないようなラストがやってくる。
女と男と女。3人のあいだには親密な関係がありつつ
微妙な温度差があり、従来のような関係を維持しにくくなっている。
3人の中の1人の女性は、借り物のステーション・ワゴンに乗っている時と
自ら乗ることに決めたオートバイと共にある時とではなにかが違う。
その「なにか」に向けて物語は過去へと遡行してゆき、
そして、まさか、とあっけにとられるラストシーンへと至る。


【著者】
片岡義男
1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/09/16 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.57MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家