サイト内検索

  • 完結

座頭市

作家/出演者
シリーズ
  • 座頭市
劇画会の第一人者として一時代を築き、今なお熱いファンを持つ劇画家・平田弘史。43年前に発表された「座頭市の歌が聞こえる」と「座頭市海を渡る」は劇画家として注目され、貸本マンガ界から雑誌まんが界に掲載され始めた頃の作品であり、1960年代後期に雑誌まんが界で起こる「劇画ブーム」の先陣となる記念すべき作品の一つである。海外でも大評判!劇画作家・平田弘史の傑作時代劇画「座頭市」が43年ぶりに蘇る!
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2010/09/06 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
229ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
77.50MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家