サイト内検索

甘肌を召し上がれ

作家/出演者
シリーズ
  • 甘肌を召し上がれ
「出すのは、上半身だけの約束だっ!」¥n和久の不埒な手は篤味のヘソをさすり降り、肉付きのうすい腿に触れてきた。¥nその抑え付ける力は尋常じゃない。キスはあんなに優しくデリケートだったというのに……。¥n¥n和菓子店の若旦那:篤味の元へ、人気商品『甘肌餅』を買い求める和久が度々来店した。¥n画家をしているという和久。同世代ということもあり次第に親密に。¥n¥n「とうとう、来てくださったんですね。この部屋に……」¥n和久の仕事場を見せてもらうことになった篤味は、壁に掲げられていた一枚のスケッチ画を見て絶句する。¥nそれは……篤味自身のセミヌードだった。¥n過去に一度だけ、50人の学生の前でセミヌードモデルをしたことがあった。その時、美術部員だった和久がその輪の中にいたとは……。¥n「一回だけでいいんです。また、モデルになってください!」¥n和久の真剣さに気押され、モデルになるため下着一枚になる篤味。¥n「白くてきれいだ。ずっと見ていたい……」¥n体毛が薄く、女みたいに肌がきめ細かい。そんな自分の体にコンプレックスを持っていた篤味だが、次第に不快を感じなくなっていた。¥n「全部見たいな……」¥n頬を桜色に染める和久の目には、淫欲の明りが灯っていた。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/12/25 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.52MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家