サイト内検索

モデルの発見

作家/出演者
シリーズ
  • モデルの発見
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。絵は「どう描くか」だけでなく,「何を描くか」がとても大切。描く人が気持ちよく満足できることがよいモデルの条件。できない人とできる人の差が歴然と表れてしまうようなモデル,描く人の自信をなくすようなモデルではなく,描く人が楽しい気持ちになれるモデルを用意することが大切。そして,新しいモデルの発見は,新しい絵の描き方〈キミ子方式〉を生み出した。イカ,毛糸の帽子,そして革命的なモデルであるモヤシなど,「絵の描けない子」に学びながら発見したモデルの数々。

★★ もくじ ★★
・ 最初の発見(「極楽鳥花」からはじまったキミ子方式)
・ 何も知らなかった自分の発見(イカ)
・ 「なまもの」へのこだわり(イカとスルメ)
・ 最初の人工物(毛糸の帽子)
・ バケツ物語(設計図が必要な人工物)
・ 毛もの 羽もの(ニワトリ・ウサギ・犬)
・ 根っこの発見(タンポポ,そしてモヤシへ)
・ 尾頭付きの大衆魚(サバ)
・ 「部分と全体」を考えさせる〈海のもの〉
・ 一粒のブドウ(〈群〉と〈個〉を考える)
・ ワクがあるからよく見える空
・ 一本の木から風景画へ
・ 写実の中の抽象
・ 技術と理念
・ 色づくりから広がる世界
価格
1,641円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
16pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/12/25 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
221ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
26.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家