サイト内検索

  • 完結

教育評価論

作家/出演者
シリーズ
  • 教育評価論
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。明治維新以来,試行錯誤の続いている教育と評価の問題を根本的に考え直す評論集。テスト・通知票・内申書の歴史から学習意欲の問題まで,「評価」について考えるための基本になる一冊。

1989年に国土社から刊行され,その後,長く品切れとなっていた『わたしの評価論』の中から,とくに「教育評価」について論じた論文を中心に再編したもの。しかしながら,その主張はいまだに新鮮かつ有効なものばかりです。教育と評価について論ずるには必読の一冊!

★★ もくじ ★★
・ 私の評価論
……仮説実験授業のなかでの評価
・ 評価と学習意欲をめぐって
……競争原理・同一教材・絶対評価
・ テスト・通知票・指導要録・内申書
……先生のつける四種類の成績記録の歴史と問題点
・ 入学試験,今と昔
・ 大正期の三無主義教育
……無試験・無採点・無賞罰
・ 高等学校を考えなおす
……二種類の多様化と序列化
・ 教科書のあるべき姿をさぐる
・ 幼児の学習意欲をのばすために
……家庭教育と学校教育のあいだ
・ 創造性の源はなにか
……結局は〈家庭教育〉の問題
・ いちばん大切なことは評価してはならない
……あとがきにかえて
価格
1,728円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
17pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/12/25 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
245ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
26.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家